【マスク内の温度10℃も下げる!】洋服の青山の保冷剤入りマスクで暑さをしのぐ!

保冷剤入りマスク イラスト

シロクマ
シロクマ

洋服の青山が保冷剤入りマスク」を販売します。

保冷剤を入れた時のマスクの中の温度はなんと通常のマイナス10℃!(外気温30°Cのとき)

ことしは猛暑になりそうなので、外出が多い人にはありがたい製品ですね。

購入には事前の洋服の青山オンラインショップ での抽選申し込みが必要です。

応募期間は
2020年6月16日 10:00〜
2020年6月21日 23:592
抽選申し込みはこちらから。
当たった人は「洋服の青山」の実店舗と 洋服の青山オンラインショップ
で購入できるそうです。

洋服の青山「Tio Tio(ティオティオ)プレミアム 洗える立体マスク」の仕様

このマスクは、青山の抗菌・抗ウイルス加工の「Tio Tio(ティオティオ)プレミアム 洗える立体マスク」を夏向けに改良したもの。

保冷剤を入れるポケットがついていて、マスクの中の温度を下げるというもの。

マスクのサイズは2種類で、白・ネイビー・グレー・ライトグレーの4色。

特徴は以下の通り。
※公式ページより

  • 繊維上の特定のウイルスを減少させる。
  • 各種細菌に対して抗菌作用がある為、細菌の増殖をおさえていつでも清潔を保ち、乳幼児や肌の敏感な方も安心。
  • 汗臭、加齢臭などにも持続的に働く。
  • カレーなどの一般家庭食品汚れが洗濯時に落ちやすい。
  • 各種安全性試験の基準を満たしているので、安心して使えます。
  • 繊維上の特定のカビ(クロカビ、白癬菌等)の発育を抑制。

洋服の青山オンラインショップ

マスクの中は10度も涼しい!

保冷剤2個を入れた際のマスク内の温度は、保冷剤を入れない場合に比べて約10℃下がるとか!(外気温が30℃の時)。

保冷剤は約30分間くらい冷たさをキープ。

ぬるくなったら1時間ほど冷凍庫にいれておけば再利用ができるそう。

着脱式なので暑い外に出たときに保冷剤を入れておき、エアコンのきいたところでは取り出してつかう、といったことができます。

洋服の青山オンラインショップ

生地は抗菌・抗ウィルス

マスクの生地は、洋服の青山で売っているスーツやシャツなどで使われているもので、抗菌・抗ウイルスの他、消臭・防汚・帯電防止などの機能を持つすぐれもの。

ハイブリッド触媒®TioTio® PREMIUMという特殊な加工で、清潔で安全に保つということです。

とくに外でのお仕事や作業が多い人にはうれしいマスクですね。
熱の熱中症対策にとりあえず抽選に申し込んでおけば、もしかしたら当たるかも!

洋服の青山オンラインショップ

タイトルとURLをコピーしました